放射線治療で骨肉腫といった様々な疾患を療法しよう|完全撃退作戦

女性

耳にできる腫瘍

男性

比較的腫瘍の進行は遅いものの、大きな症状が出てしまう可能性のある聴神経腫瘍は、専門医からの治療が必要なものです。そのために、治療をする時には専門医のいる病院に行くことが最も良いと言われています。

放射線で腫瘍を無くす

骨に出来てしまう骨肉腫は若い年代によく見られる病気です。放っておくと短期間で大きくなるため、注意が必要となります。

治療法を組み合わせる

医者

放射線治療は身体の外側から当てる外部照射と内側からあてる内部照射があります。この2つの放射線の当て方を上手く組み合わせ工夫することで癌をより的確に壊すことができます。患者の癌がある部位や症状によって放射線治療のやり方も様々です。その人に対して最も適した放射線治療を行い、的確に照射していきます。また放射線治療だけでなく、手術療法や化学療法等様々な治療法と併用して行うことも可能です。様々な治療法を併用することで、より大きな効果が表れる場合もあるでしょう。放射線治療といっても治療の進め方は人それぞれです。起こりうる副作用も様々なので、自分の病気の症状や体調と相談しつつ、治療を行っていくことが大事だと言えます。

放射線治療のメリット

放射線治療が人気の理由は元の臓器を残したまま治療を行える点と言えます。手術でとりきってしまうとその部分の臓器は損なわれますが、放射線でうまく治療できると臓器の機能を温存できる可能性は高くなるでしょう。また癌の部分にだけ直接照射できるので、当たった場所にのみ効果を与えることができます。つまり当たっていない場所には影響を与えることはないということなので、治療部分以外は放射線障害を起こすことがないと言えます。放射線治療は必要最小限の治療を受けることができる治療法と言えるのです。毎日少しずつ放射線を当てていくので、長期間治療を行わなければいけないという欠点はありますが、1回に治療する時間も短く、副作用も軽くなるので、普通に日常生活を続けられる可能性が高い治療とも言えます。

生まれつきの疾患

病院

脳動静脈奇形は生まれつき持った疾患であり、くも膜下出血等の原因となります。無症状であり出血してから見つかることがが多いです。早期発見には脳ドック等の検診が必要です。原因は動脈と静脈が直接つながることでできる血管の塊です。動脈の圧力で大きくなる特徴があり、見つかった場合は治療が必要です。

特色のある診断

医者

横浜市内のクリニックの健康診断では、今後は年齢に合わせた内容の見直しとデータの一元管理が重要です。また検診メニューは、中高年や従業員が気軽に受けられるものや、心臓や脳の状態を精密にチェックできるものなど様々です。